にわ教室は館林市の数学塾、数学教室です

汚れているレコードは水洗い

レコードを集めだすと、ほこりや汚れがとりきれないものに出会う。
そういうときはレコードを水洗いする。
以前、新譜レコードを購入していたころはレコードを丸洗いする勇気はありませんでした。レコードが高価だったことが理由のひとつです。
最近、中古LPを買うようになって、いろんな汚れに直面してから洗うことを試してみるようになりました。
写真のようなレコードのレーベル部分を両側から挟む器具のハンドルを持って洗うと洗いやすい。
この器具はラベルプロテクターというらしい。
中性洗剤を少しつけ水とともにやわらかいスポンジで洗い流す。
左手にレコード、右手に洗剤を少々と水をたっぷりふくませたスポンジを持ち水流とともに洗う。
そのあと十分な時間をかけて乾燥させる。
私の場合は自然乾燥でOKのようだ。
これでプチプチプチプチ、ピチピチピチピチいっていたレコードが
効果てきめん、プチ・・・ピチ・・・くらいになる。
洗い終わったレコードは新しい保護袋に入れるようにする。
盛大なブチっという音とともにレコードの同じ部分をくりかえし、次の音溝へと進まないレコードがあった。
盤面を目で見てもほこりなどは見あたらない。
レンズで拡大してみても原因不明だ。
そこで水洗いすると、あら不思議、普通に先へ進むようになった。
まあ、プチっという音はすることはしたが、音楽が先に進まないよりはずっと良い。
もちろんたまたまうまくいっただけで、常にこのようなトラブルが解決するわけではないだろうが。
超音波式のクリーニングマシンも持っているが使ってない。
自分の手で洗うと、場所によって加減を調節できるのが良い。
汚れがひどい部分はしっかりと洗い、そうでもない部分はさっと洗い流せばよい。

『雑』の他の投稿一覧

もっと一覧を表示>>
このサイトへの問い合わせ  サイトマップ  最近の新規書き込み
地図、連絡先