館林市の数学塾、ウクレレ教室

ヤマネギターズ コンサートウクレレ#36

重さ439グラムとコンサート型としては非常に軽い
ソプラノでももっと重いものはいくらでもある
抱えたときのバランスがよく、弾きやすい
ずっと抱えていたくなるほどだ
ボディの厚みは一般的なコンサートに比べ数ミリ薄め
すばらしい音
カラっとしたウクレレらしい音ではなく、
もっと中音成分の厚い、あたたかな音がする
見た目もかっこよく、まわりに自慢できるできばえだ
抜群の弾きやすさで、今までなかなか弾けなかった部分も弾きやすくなり、なかなか出せなかった音が楽々と出せるようになる。楽器によってこれだけ変わると、今までの努力はなんだったのかと思うほどだ
佐野市を起点に活動するヤマネギターズの今後に注目したい

#36 コンサート
表板 シトカスプルース
横裏 インドローズ
ネック マホガニー
バインディング ハワイアンコア杢有
塗装はニトロセルロースラッカー
<<戻る
もっと一覧を表示>>
『ゆうひや』のサイトへの問い合わせ  サイトマップ  最近の新規書き込み
地図、連絡先
rss1.0rss