館林市の数学塾、ウクレレ教室

Keiki-KAMAKA

生徒さんからおあずかりしたケイキカマカです。
ケイキカマカは1960年代に日本で作られたウクレレです。
ケイキとはハワイ語で「子ども」の意味です。
子どものウクレレという意味なのでしょうが、大きさは普通です。
わずかに小さめといったところです。
音はなかなか良い音を出してくれますし、ピッチもかなり正確です。
これは、修理する予定です。
写真をクリックすると拡大表示されます
画像です。クリックすると拡大します
全体的に汚れが目立ちますが、黒光りしていい味を出しています
画像です。クリックすると拡大します
ネック近くの表板と側板のはがれ
画像です。クリックすると拡大します
おしり近くの表板と側板のはがれ
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
ブリッジは健在
画像です。クリックすると拡大します
弦高は少々高め。指板は表板と同じ高さ
画像です。クリックすると拡大します
ペグは使えるが、交換が必要か
画像です。クリックすると拡大します
弦も交換必要
画像です。クリックすると拡大します
12フレットがない
画像です。クリックすると拡大します
指板の汚れあり。フレット端が出ている。
画像です。クリックすると拡大します
内部も汚れあり。kamakaのラベルが見える
画像です。クリックすると拡大します
裏板。年数なりの傷あり
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
裏板と側板にもはがれあり
<<戻る
『ゆうひや』のサイトへの問い合わせ  サイトマップ  最近の新規書き込み
地図、連絡先
rss1.0rss