館林市の数学塾、ウクレレ教室

hulalaコンサートウクレレ

作りがしっかりしているのに低価格のフララウクレレを入手しました
aNueNueの姉妹ブランドがHULALA(フララ)です。
hulala コンサートウクレレ HO2です。
コンサートですから、少し大きめです
重さも538グラムと少々重い
(ソプラノウクレレだと350グラムぐらいですから、ほぼ1.5倍です)
ボディはマホガニー合板で柔らなトーンが堪能できます。
ギアペグ使用でチューニングもやりやすいです。
(チューニングはやりやすいですが、ウクレレですから、弦が安定するまではチューニングがすぐに狂ってしまいます)
低価格なのに弦はアキーラです。
オクターブピッチもかなり正確です。
派手なところはありませんが、よくできた楽器だと思います。
この価格で、十分使えるソフトケースが付属します。
追記:
その後、日数がたって、ボンドのにおいもしなくなり、音も大きくなった。
音は、甘い。音の輪郭(リンカク)も甘い。
良く言うと、鋭さのないやわらかな音である。好みが分かれるところだ。
コロコロという感じとは異なる。
ポロンポロンあるいはポロポロという感じ。
写真をクリックすると拡大表示されます
画像です。クリックすると拡大します
ヘッド。女性がフラダンスしています。これは、印刷
画像です。クリックすると拡大します
サウンドホール周りのフラダンスの分解イラスト
画像です。クリックすると拡大します
ブリッジ
画像です。クリックすると拡大します
弦はアキーラ
画像です。クリックすると拡大します
お尻から
画像です。クリックすると拡大します
サウンドホール部分を拡大
中からボンドのにおいがします
画像です。クリックすると拡大します
ラベル
画像です。クリックすると拡大します
ネックとボディの接合部分もいちおうしっかりできていますが、
『ていねいな仕事』とまではいかないレベルです。
少々荒い部分も見られますね。
画像です。クリックすると拡大します
ペグはギアペグを使用しているのでチューニングがしやすいです。
画像です。クリックすると拡大します
メイドインチャイナのシールが貼ってあります
画像です。クリックすると拡大します
裏側から。塗りはマット仕上げです
画像です。クリックすると拡大します
シンプルな作りです
画像です。クリックすると拡大します
ナットをヘッド側から見ました
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
オマケとしては十分使えるソフトケースです
画像です。クリックすると拡大します
ショックを吸収してくれます
画像です。クリックすると拡大します
ショルダーベルトもついています

<<戻る
『ゆうひや』のサイトへの問い合わせ  サイトマップ  最近の新規書き込み
地図、連絡先
rss1.0rss