館林市の数学塾、ウクレレ教室

激安!ALAMOANA(アラモアナ)コンサートウクレレマホガニー単板!UKC400

ALAMOANA(アラモアナ) コンサートウクレレ UKC400
1万円台で入手できるマホガニー単板のコンサートウクレレ
オールマホガニー単板というから、驚異的な安さである。
ソプラノタイプ(一般的なウクレレ)よりも一回り大きめのコンサートウクレレでありながら、1万円台である。
このウクレレ、音の響きも良く、音程も正確である。
驚くのはピッチの正確さ。オクターブピッチはもちろん、ローポジションも、ハイポジションも、かなり正確である。
512グラムと、けっこう軽い。
通常のウクレレに比べ一回り大きいコンサートタイプのウクレレで、通常のウクレレに比べると音量も大きいです。
【主な仕様】表板マホガニー単板裏板マホガニー単板側板マホガニー単板ネックマホガニー指板ローズウッドサウンドホール装飾イミテーションアバロンボディ接合部・装飾イミテーションアバロン弦GHSケースソフトケース付属色マホガニー
追記:
音は大きめで繊細さも持つ。透明感があり、芯のある、きりっとしたクリアーな音である。
ただし、コロコロという軽めの感じではない。
とにかく、1万円クラスの音ではない。数万円クラスか?(フロロカーボン弦に張り替えたのでそのせいもあるだろう)
なお、写真のUKC400は弦をフロロカーボン弦に張り替えてあります
さらなる追記:
その後、フレットがわずかに高めなのが気になるようになってきた。
(つまり、最初は気づかなかった=ぼけていたので)
弾く人の好みになるが、私の場合はもう少し低い方が弾きやすい。
写真をクリックすると拡大表示されます
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
弦高は高めだが、音程はかなり正確。
画像です。クリックすると拡大します
もともと張ってある弦はGHSの黒弦だが、写真の弦はフロロカーボン弦に張り替えてある。
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
フレット端のひっかかりは少ないが、なめらかと言うほどでもない。実用上問題ないレベル
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
サイドポジションマークは入っていない
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
画像です。クリックすると拡大します
ペグは安物のようだが、軽いという利点もある。コツをつかんでしまえば、チューニングには苦労しない。
ギアペグはチューニングしやすいが、ギアペグで重心がヘッド側に寄っているウクレレは、あまり弾きやすいものではない。
画像です。クリックすると拡大します
<<戻る
『ゆうひや』のサイトへの問い合わせ  サイトマップ  最近の新規書き込み
地図、連絡先
rss1.0rss